資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

近年では筋トレやジムに通うことが市民権を獲得しており、トレーニングがますます一般化してきています。

このことから、トレーニングを教える人の需要が発生しています。

筋トレやトレーニング一般の資格を取得できれば理想的ですが、そのためには何を勉強すればいいのでしょうか?

試験までの勉強の仕方

資格の勉強には、その資格に焦点を絞った内容で勉強するのが最善です。

トレーニング資格では筋トレの理論や基本的なフォーム、道具の正しい使い方やそれによってどの部位が鍛えられるか、クールダウンやケガの予防に役立つストレッチ、効果的な食事の摂り方や減量方法なども問われ、それらについての知識を有していることが必要です。

独学でもこれらのことを学ぶのはもちろん不可能ではありませんが、専門の塾や講座で体系的に学ぶ方がよほど効率的でしょう。

おすすめの講座

当サイトでは、通信講座である諒アーキテクトラーニングの「筋トレインストラクターW資格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「筋トレ資格取得講座」をおすすめしています。

これらの講座であれば、カリキュラム全体が日本インストラクター協会(JIA)が主催している「筋トレインストラクター」と日本生活環境支援(JLESA)が主催する「トレーニングサポーター」の2資格の取得に直接対応されており、資格の取得がより一層容易になります。

どちらも筋トレや各種メニューについての基礎知識を有していることを証明するのみならず、トレーニング方法について人に教えることも目的としています。

また筋力強化だけでなくダイエットや効果的な食事法、有酸素運動の行い方も含んでおり、体を動かすことに関してバランスよく学習することが出来ます。

特典を活用しよう

この二つの通信講座の特徴は、スペシャルコースやプラチナコースといった通常コースより特別な講座を受講することで、資格試験免除の特典を受けられるということにあります。

これらの講座が前述の日本インストラクター協会や日本生活環境支援の認定を受けているからこその特典であり、卒業課題の合格と同時に資格試験を免除できるとみなされます。

学習に関しても、分からない箇所が出てきても、郵送による専門のスタッフの回答があり、回数無制限で何度でも質問を続けることが出来ます。これなら初心者でも安心して学習を進めることが可能です。

まとめ

資格試験はしっかりと勉強したうえで臨みましょう。無事資格を取得した場合には、仕事や家庭で専門知識を生かすことができます。

筋トレインストラクターW資格取得講座