資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

筋トレがお好きですか?中にはトレーニングの面白さを知るあまり、他の人にトレーニングを教える勉強を始める人もいます。

筋トレ資格を取ってコーチやトレーナーになればそういった道も開けてくるでしょう。

そんな資格を取るには、いつ試験を受ければいいのでしょうか?

オンライン受験できるものが便利

現在日本で筋トレのコーチやジムのトレーナーになるのに、国家資格は必要ではありません。スポーツの資格やそれに関係するものとして柔道整復師や鍼灸師などが挙げられますが、いずれも筋力向上のトレーニングに必ずしも必要な訳ではありません

むしろ実際のトレーニング方法を理解していることや、安全で効果的なトレーニングを実践できることの方が重要です。そのような筋トレ資格を取るには、オンラインでの受験を受け付けているものが利便性もあり、おすすめです。

おすすめの資格と取得方法

例えば日本インストラクター協会(JIA)が提供している「筋トレインストラクター」や、日本生活環境支援(JLESA)主催の「トレーニングサポーター」なら、どちらもインターネットで試験の申し込みから受験、解答と結果発表までを済ませられます。

受験費用自体は10,000円で、受験資格は特にありません。これらの資格であれば、受験自体が容易なうえ、フォームに沿って行う申し込みにも手間取ることはないでしょう。

これらの資格の取得を容易にするのが、諒アーキテクトラーニングが提供している「筋トレインストラクターW資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「筋トレ資格取得講座」です。

どちらの講座も、カリキュラムの始めから前述の2資格の取得を対象としており、試験に向けた対策や練習問題が充実しています。これなら独学で勉強したものの、いざ試験で内容や出題傾向が違っていて分からないなどのミスも防ぐことが出来るでしょう。

そしてこれらの講座には、資格の対策マニュアルや問題集、模擬試験などの教材も充実しており、確実に資格を取りたい方には心強い内容です。

在宅でも立派な資格取得が出来る

資格試験を受けるためには、通常試験会場へ出向いていかなければなりません。しかしオンラインですべてを済ませられるのであれば、利便性でそれを大きく上回ります。特にここでご紹介している資格は、専用講座の助けもあってより確実に資格取得まで進められます

まとめ

筋トレ資格を受けるにあたって、意外と知らない大切な知識にもたくさん出会うことでしょう。それらは安全な筋トレに不可欠であり、同時に筋トレのサポートを必要とする人の健康や安全も守ることになります。