トレーニングサポーター資格

トレーニングサポーター資格

トレーニングサポーター資格は、トレーニング前後の食事やトレーニングに適した食品、プロテインの選び方、トレーニングの道具の使い方等についての知識があることの証明となる資格となっています。

この資格を取得できるなら、スクールや自宅で講師活動を行える可能性があります。

トレーニングサポーター資格とは?

トレーニングサポーター資格は日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する資格となっています。

この資格を取得することで、トレーニング前後の食事やトレーニングに適した食品、プロテインの選び方、トレーニングに適したストレッチについて、トレーニングの道具の使い方等の知識を有することが証明されます。

トレーニングサポーター資格を取得するとどうなりますか?

トレーニングサポーター資格を取得することで、スクールや自宅で講師活動を行える可能性があります。既にスポーツ関係の仕事をしている場合、資格で学んだ知識によって、お客様からの信用を一層得るためことも可能となるでしょう。

筋肉トレーニングに励む目的は人それぞれで、目的に応じて、鍛えようと思う体の部位も異なります。それぞれの目的に沿ったプログラムを組んで効果的な指導を行って行く必要があります

その点でこれまでの経験も大切ですが、経験だけでなく、さらに資格も保持している事で、お客様は一層安心されることでしょう。

トレーニングサポーター資格を受験するためには?

トレーニングサポーター資格の申し込みは、インターネットで行うことができます。特定の窓口まで出向いて申し込む必要がないので、面倒な手間が不要です。トレーニングサポーター資格の受験の料金は10,000円(消費税込み)です。

受験方法は在宅受験です。普段の環境で落ち着いて受験することが可能となっています。

交通費をかけて遠方の試験会場に出かける必要もありませんので、費用の点でも負担が少ないこともメリットです。1年に1回だけの試験の場合、万が一不合格の場合、次の試験が1年後となるため、そのプレッシャーはかなり大きなものとなります。

その点、トレーニングサポーター資格の試験は、偶数月に試験が行われていて、2月ごと、年に6回も受験するチャンスがあります。そのため、あまりプレッシャーを感じること無く、自然体で受験を受けられるため、安心と言えます。

まとめ

トレーニングサポーター資格を取得することで、スクールや自宅で講師活動を行える可能性が開けます。受験の料金は10,000円(消費税込み)で、受験方法は在宅受験です。

トレーニングサポーター資格