資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

筋トレや体の仕組み、トレーナーやインストラクターのための知識を学ぶには、その専門の資格を取ることが役に立ちます。

世の中に数ある資格の中でも、筋トレやトレーニング資格はどれほどの難易度なのでしょうか?

内容は多い

筋トレに関する資格は国家資格ではないため、比較的取得は容易です。そして民間資格の中でも、難易度は低いものの部類に入るでしょう。人体や運動に関する教育は義務教育でも学び、周知率も高い分野であるためです。

しかし同資格の中でもより難易度が高いのは主にトレーニングの手法についてです。世の中には、正しいトレーニング、効果的なフォームについて諸説が溢れています。

個人差や目的の違いもあり、それなりに複数の見解があるのも理解できるとはいえ、必要な効果を発揮する正しいトレーニング法はある程度共通しています。そしてそれを知らない人が多いのも現実です。

たくさんあるトレーニング方法

資格の難易度に話を戻すと、各種トレーニングの内容を覚えるのは少し難しいでしょう。

カタカナで出てくるトレーニング法を覚え、例えば腹筋株を引き締めるにはこのトレーニング、腹筋上部はこのトレーニング、腕を鍛えるのに効果的なのはこれ、そしてこのトレーニングは複数の場所に効果的という内容を覚える必要があります。

あるいは道具の使い方も人によっては難しく感じるかもしれません。それぞれの名称から始まり、正しい使い方と注意点、間違ったフォームの際の特徴や危険性、同じ道具を使った複数のトレーニング方法やそれによって鍛えられる場所などがたくさん出てくるためです。少しずつ確実に学習していきましょう。

おすすめの勉強方法

勉強方法についてはどうでしょうか?これだけの内容を独学で学ぶより、講座などを利用して体系的に学ぶ方が効率的でしょう。

当サイトが度々おすすめしている、諒アーキテクトラーニングの「筋トレインストラクターW資格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「筋トレ資格取得講座」であれば、最初から資格取得を狙ったピンポイントでの学習が可能です。

どちらの講座も、日本インストラクター協会(JIA)主催の「筋トレインストラクター」と日本生活環境支援(JLESA)が発行する「トレーニングサポーター」の2資格を対象としており、専用のカリキュラムで学ぶことが出来るでしょう。

まとめ

資格の取得を完全サポートしてくれる講座という点がメリットです。それによって、資格取得の難易度を下げることができ、より確実な取得に一歩近づくことになります。

筋トレインストラクターW資格取得講座