資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

ジムやスポーツ施設で働くことを考えていらっしゃいますか?そうであればぜひ資格の取得を目指して下さい。

トレーニングだけでなく、人体の仕組みや健康で安全な運動について興味深い知識を学べる内容になっています。

そんなトレーニング資格の取得にかかる費用はどれぐらいでしょうか?

試験費用

資格試験だけを受ける場合と、そこに至るまでの勉強にかかる費用など複数のパターンがありますが、受験費用は1~3万円、講座などで勉強すれば5~20万円といったところです。

もちろん既にジムやそういった施設で働いており、基礎知識や実践法を知っている方の場合は試験だけ受けることも可能かもしれませんが、ほとんどの方は講座などで勉強してから資格を目指すことになるでしょう。

その場合前述のさらなる費用が発生します。

おすすめの講座のメリット

当サイトが度々おすすめしてる通信講座であれば、比較的低額でありながら資格の取得を完全にサポートする内容を選べるでしょう。

諒アーキテクトラーニングの「筋トレインストラクターW資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「筋トレ資格取得講座」であれば、始めから資格の取得を目指した内容でカリキュラムが組まれており、より効率的で体系的な学習スタイルで進めることが可能です。

この二つの講座は、どちらも日本インストラクター協会(JIA)が発行する「筋トレインストラクター」と、日本生活環境支援(JLESA)が提供している「トレーニングサポーター」の2資格を対象としており、資格の取得に関するサポートは万全です。

実は講座の内容には質問用紙も含まれており、郵送による個人的な質問と専門のスタッフによる回答が回数無制限で利用できます。万が一よく分からず詰まってしまうような部分があっても、理解できるまで何度も質問できるのがポイントです

その他の特徴とその費用

その他に、同講座では、卒業課題の提出によって、試験が免除となって資格取得となる、スペシャルコースやプラチナコースが準備されており、資格を発行する協会が認定する通信講座ならではの利点を享受できます。

それらは卒業課題の合格が資格試験の免除に値するとみなされており、試験の手間すら省略できます。価格は79,800円と通常の59,800円のコースに比べて割高ですが、資格試験の費用と同額であり、試験免除となることを考えると、むしろ割安と言えるでしょう

支払い方法もクレジットカードや代金引換などから選ぶことが可能です。

まとめ

以上が筋トレ資格の費用や取得の仕方になります。体系的に学習できる講座を活用して、確実な合格を目指しましょう

筋トレインストラクターW資格取得講座